アコースティックサウンドの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS これぞアコースティックサウンド!  JIM CROCE(ジム・クロウチ)編 

  作成日時 : 2007/04/17 15:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 12

 ジム・クロウチとの出会いは、中学3年の時、深夜放送のラジオから流れてきた「TIME IN A BOTTLE」だった。その時から私は、飛行機事故で亡くなった後全米No.1となったこのアメリカのフォークシンガーの虜となった。この人は、オベーションというギター(エレアコ)を使っており、私はその独特の音色に魅了され、その後OVATION1617というモデルのギター(33万円)を買うこととなる。

ジム・クロウチは、1943年生まれ。店員や現場作業員として生計を立てながらプロのシンガーを目指し、やっと脚光を浴びだした頃、1973年9月、次のコンサート会場へ向かうため乗り込んだチャーター機が墜落し帰らぬ人となった。その2ヶ月前の7月には、 「 BAD,BAD LEROY BROWN(リロイ・ブラウンは悪い奴)」が全米No.1、死の3ヶ月後の12月には「TIME IN A BOTTLE」が全米No.1となったのでした。

 よれよれのダンガリーシャツにジーンズ、くしゃくしゃのウェイヴィーヘアー、口ひげ、ギョロ目。けっしてハンサムではないが、張りのある声で優しく温かくそしてちょっぴり寂しい美しい曲を残してくれたジム・クロウチ。
そして忘れてはならないのが、サポートするリードギターのモーリー・ミューライゼン。使用ギターは、オベーションとマーチン。優しいハーモニーも魅力です。この人のギターがメチャメチャ上手く、ジム・クロウチと2人で奏でられるメロディーは、

これぞアコースティックサウンドです。


  ここでジム・クロウチに関する私のエピソードを一つ。

 大学3年の時、ゼミの旅行で大阪からフェリーで丸1日半かけて沖縄へ行った時のフェリーの中でのことです。

  アメリカの18歳の女の子が1人旅をしており、ゼミの中には英語ペラペラが2人いたので「僕たちの部屋でギターを弾いて歌を歌おう」ということになり、さあ皆でビートルズやサイモン&ガーファンクルを歌うのですが、どうも女の子の表情は冴えません。
 そこで私に順番が回ってきて、『英語はしゃべれないし、歌うといっても発音がヘタクソなのは丸わかりだしな〜。そうだ、こんな若い女の子が絶対知らない様な曲にしよう』と思い、ジム・クロウチの「I’LL HAVE TO SAY I LOVE YOU IN A SONG(歌にたくして)」のイントロを弾き歌いだした時、
女の子は突然ニコッと笑い、何と私と一緒に歌いだすではありませんか! 

 もちろん、周りの友達全員の目が点になっていたことは、言うまでもありません。

 

 現在CDを一般のレコード店で手にいれるのは、なかなか難しいかもしれませんが、ぜひ探して聞いてみてください。

 ジム・クロウチの中で、特に私の好きな曲を列記しておきます。

 ● 「I’LL HAVE TO SAY I LOVE YOU IN A SONG(歌にたくして)」 
 ● 「PHOTOGRAPHS & MEMORIES(写真と思い出)」
 ● 「LOVER’S CROSS」 
 ● 「OPERATOR(THAT’S NOT THE WAY IT FEELS)」
 ● 「NEW YORK’S NOT MY HOME(ニューヨークは好きじゃない)」 
 ● 「THESE DREAMS」 
 ● 「IT DOESN’T HAVE TO BE THAT WAY」 
 ● 「DREAMIN’ AGAIN」

                  画像
           22年来の相棒 OVATION1617 (made in U.S.A.)
           既に製造中止品。幻のヴィンテージギターとなるか? 




   ジム・クロウチの詳しい記事は、2009年1月の全身毒だらけ?で動画もたっぷり入れて書いていますのでよろしければどうぞ。





 応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ〜♪       
            
         人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Jim Croce
ジム・クロウチは日本ではそこまで有名じゃない。 でも本当に素晴らしいシンガーソングライターだと思う。 ...続きを見る
今夜も、ボリュームをあげて
2013/05/22 23:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ジム・クロウチは伝説のミュージシャンなんですね。あなたのクロウチに対する想いがヒシヒシと伝わってきます。OVATION1617にプレミアが付くといいですね。PSE法なんか惑わされずにこういったヴィンテージギターの価値が否定されないようにしなくてはと思います。
メロメローン
2007/04/23 07:16
沖縄でのできごと、いいですね。一度聞かせてみてよ。
サントガリア星人
2007/05/28 23:23
なんとジムクローチが出てくるなんて。。。。
ジムクローチは最高。今世の中は中身のない「事務クローチ」が多すぎて面白くないけど、ジムクローチを知らない人一度聞いてみて。
サントガリア星人
2007/05/28 23:40
ありがとうございます。何十年も前にほんの一瞬テレビで見たことのあるジム・クロウチを先日、YouTubeで見てしまいました。やっぱり、素晴らしい。でも、そんなに簡単に見られていいのかと複雑な心境になりました。
toshinosuke
2007/05/29 14:03
この人は、オベーションというギター(エレアコ)を使っており.....
あたかもずっと使っている様な響きですが、違います。ジムクローチの
愛用ギターはMartinD18です(Martinのシグナチャーモデルにもなった通り)、ずっとD18でした。その後コンサートではマイク乗りがよいD35を使用していたし, Ovationの1617を使っていたのは73年に入ってのほんの短期間(ピックアップ内蔵なのでPAに繋いで簡単に音量が取れる為だけ、良く聴くと純アコーステックの音ではない)。


StarsOnNorthSky
2008/01/14 02:14
StarsOnNorthSkyさん、ありがとうございます。
ジム・クロウチがマーチンを使っていたのは知っていましたが、D-18とD-35とは知りませんでした(D-28とD-45でないところがいいですね)。オベーションのギターは、ボディーの裏が木ではなく樹脂ですし、実際ステージではプラグ・インして使いますので確かに“純アコースティック”ではないかもしれません。私にとっては<ジム・クロウチ=オベーション>というイメージがあり、あの特徴のある音、ピックガード無しで“ひょっこりひょうたん島”の様なボディーで当時使っている人は少なかったので憧れのギターでありました。使用期間がそんなに短期とは知りませんでした。
個人的には、ジム・クロウチがオベーション、リードギターのモーリー・ミューライゼンがマーチンを弾くという音の組み合わせが好きですね。
勉強になりました。また色々教えて下さい。
toshinosuke
2008/01/15 21:56
めっちゃ!!嬉し〜〜です。。。
懐かしい〜〜です。。。
レコードが聴けずに寂しいな!と、思っていたら、
このようなコメントに出会えて、今日はhappyです。。
有難うございました。。
CD買います。。。
emi
2010/05/10 14:38
emiさん、初コメントありがとうございます♪

コメント頂いているのを知らずに、返信遅くなりスイマセンでした。
この記事は、私の初ブログなので、そこにコメントを頂くと感慨深いし、ほとんど知る人の無いジム・クロウチのファンがいてくれる事は、私にとってこの上ない喜びです。

こちらこそ、めっちゃ、嬉しいで〜す!

もし、CD買われたらその感想教えてください。

私のブログはその後進化(?)を遂げ、<アホ・ブログ>となっていますが、<プチ・アホ>になりたい時は、また気軽に遊びに来て下さいね〜。(待っとるけんね〜)  
Toshinosuke
2010/05/12 21:29
ありがとう。死んですぐの頃にラジオから聞いて、買ったんでした。
tomoz4u
2013/01/06 12:41
tomoz4uさん、コメントありがとうございます♪

ジムが亡くなって、今年で40年にもなるんですね!

このブログを始めて5年8カ月位になりますが、一番最初に書いたこのしょ〜もない記事を4600人近くの人が読んでくれている事に感謝です。

もちろん、『ジム・クロウチ』を検索して見に来てもらっている事は分かっていますが、それだけジム・クロウチに興味を持っている人がいるんだと思うと嬉しくなります。

Toshinosuke
2013/01/06 14:52
ジム・クローチの曲のリリースに関してチェックしているうちにこのサイトに辿り着きました。8年前のサイトなので、もうコンタクト出来ないかも知れませんね。私は、現在63歳、学生の時、1973年から75年にかけてNYに居たのですが、ジム・クローチの曲がガンガンとFMから流れていたのを思い出します。曲、詩、全てに感動しました。プロデユーザーのキャッシュマン/ウエストのアルバムをお勧めです。
Mattさん
2015/05/23 22:34
Mattさん(さん)、コメントありがとうございます♪

そうですか、NYでは、ジム・クロウチの曲がガンガン流れていましたか?
全米No.1ヒットを出しているのに、日本では異常に知名度が低いですね。

このブログを書いて8年になりますが、1年に100クリック位されて、今見ると8000人近くの人が見てくれている様です。

やっぱり、ファンはいるんですね!
Toshinosuke
2015/05/25 14:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これぞアコースティックサウンド!  JIM CROCE(ジム・クロウチ)編  アコースティックサウンドの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる