アコースティックサウンドの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 白いユリ! KARLA BONOFF(カーラ・ボノフ)編

<<   作成日時 : 2012/08/05 15:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今回は、名前は知っていたし、アルバム・ジャケットも見た事のあったカーラ・ボノフを初めて聴いてみました。


カーラ・ボノフと言うと思い浮かぶのが、リンダ・ロンシュタッド。カーラがまだ無名の頃から彼女の曲を3曲もリンダが取り上げている。

声もリンダに似ているが、リンダの方は情熱的で妖艶、カーラの方は地味でクールな印象。


参加メンバー

●ギター:ワディ・ワクテル、ジェイムス・テイラー、ダン・ダグモア、デヴィッド・リンドレー、アンドリュー・ゴールド
●ベース:ケニー・エドワーズ
●ドラムス:ラッセル・カンケル、リック・マロッタ
●パーカッション:スティーヴ・フォアマン
●アコーディオン:ガース・ハドソン
●バック・ヴォーカル:ドン・ヘンリー、J.D.サウザー、ジェイムス・テイラー




1979年発表の『RESTLESS NIGHTS(ささやく夜)』をご紹介しましょう。

画像



   1.TROUBLE AGAIN(涙に染めて)
   2. RESTLESS NIGHTS(ささやく夜)
   3. THE LETTER(手紙)
   4. WHEN YOU WALK IN THE ROOM(眩しいひと)
   5. ONLY A FOOL(ただひとり思い)
   6. BABY DON’T GO
   7. NEVER STOP HER HEART(静かに燃えて)
   8.LOVING YOU 
   9.THE WATER IS WIDE(悲しみの水辺 )




TROUBLE AGAIN(涙に染めて)


おや、この曲聴いたことあるぞ! 軽快でいいねー!




RESTLESS NIGHTS(ささやく夜)


淡々と歌うカーラのヴォーカルとバック・ヴォーカルのドン・ヘンリー、前回とりあげたJ.D.サウザーとの絶妙のハーモニーが魅力的。




THE WATER IS WIDE(悲しみの水辺 )


トラディショナル・ナンバー。 郷愁をそそるガース・ハドソン(ザ・バンド)のアコーディオン、カーラのアコギに天下一品のジェイムス・テイラーのアコギと優しい歌声。




  カーラのヴォーカルは、リンダ・ロンシュタッドに非常によく似ていて、リンダに比べると、癖がなくストレートで実に淡々と歌うが、どこかミステリアスでストイックな感じもする。
リンダを花にたとえるなら<真っ赤なバラ>、カーラは<真っ白なユリ>という感じです。
ウエスト・コーストの豪華メンバーをバックに、アコースティックな曲を中心にアップ・テンポな曲までバランス良く揃った名盤と言えるでしょう。





画像



 やっぱり、オジサン達は、KARLAよりKARAの方が好きなんでしょうな!


★重要なお知らせ★
私は、韓国の歌手、女優等に特に興味はなく、KARAもCM位でしか見た事がありません。
少々スタイルは悪くても、ちょっとオバサンでも、やっぱり日本人が好きです。
(でも、上の写真を見ると悪くないねぇ〜  )  




 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ〜♪       
            
         人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ





ささやく夜
ソニーレコード
1997-01-22
カーラ・ボノフ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ささやく夜 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度、お久しぶりです。
私のこと覚えてますか?
カーラ・ボノフは、私も以前に、取り上げましたが、地味なイメージありますね。
リンロンちゃんとも、共演してますね。
おじさんはカラも大好きでっせ。
最近は、ネットからも遠ざかり、まったくブログ更新しておりません。
気力、体力、性欲減退ですわ・・・・・
今はロンドン五輪が面白いので、結構テレビ観戦にはまって、寝不足です。
ではではC= C= C= C= C= C= C= C= C= ┌(;・ω・)┘
mick
2012/08/08 15:39
mickさん、お久しぶりです♪

やっと、目が覚めましたか? 今年の正月以来ですな。(よしよし)

KARAでも見ながら、下半身を鍛えて下さい。

私も、オリンピックで、昨日女子バレーが中国に勝った瞬間、泣きそうになりました。
今回のオリンピックは、金メダルは少ないものの、史上初めてのメダルだったり、20数年ぶりとか40数年ぶりとかの進出で、もの凄く感動します。

お互いオッサンですので、ブログは、書ける時に書きましょう。

mickさんが、とりあえず復活してくれてホッとしました。
お互い、ボチボチ、ヨボヨボ、書きましょう・・・ジジイか? 


Toshinosuke
2012/08/08 21:02

としちゃん こんばんみ
「The Water Is Wide」は 私の好みですよ!
こういった自然な感じで哀愁を漂わす歌がそそります♪

kARAは 女性からみても可愛いですよ!
まり
2012/08/08 21:29
まりさん、今晩は♪

トラディショナル・ナンバーは、やっぱりいいから歌い続けられるんでしょうね。

会社の既婚者で、1人でKARAのコンサートに行く男がいるのですが、そんなに可愛いですか?
私は、全くと言っていいほど見た事が無いので、いっぺん、じっくり見てみよう!
Toshinosuke
2012/08/08 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白いユリ! KARLA BONOFF(カーラ・ボノフ)編 アコースティックサウンドの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる