アコースティックサウンドの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 『嫌われる勇気』  岸見一郎&古賀史健編

<<   作成日時 : 2016/06/07 21:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに本を読みました。
フロイトユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人(哲学者)の対話編」という物語形式を用いてまとめられた一冊です。
「どうすれば人は幸せに生きることができるか」 という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。



 画像 



今、ハードな仕事をしているので一気に読めず、何日かに分けて読みましたが、久しぶりに引き込まれる様な感じで楽しめました。

いくつかのキーワードが出てきますが、それを言ってしまうとこれから読む人に影響するのであえて言いません。

でも一つだけバラしてしまいましょう!


それは、


    『いま、ここ』を真剣に生きること。


これは、私がかつてのブログで書いた、瀬戸内寂聴の『今を、切に生きる』、小池龍之介の「自分濃度を薄め『今ここ』に集中する」と同じことでしょう。


青年が私と同じく、ことごとく哲人に対し納得できないと反発していくのですが、最後5ページ位で「ええ、ええ!」、「そうです、そうですとも!」と急に納得してしまうのが何か不思議というか、なぜ?と思い、数ページ前から読み返しましたが、ピンとこず、もう一度最初から読み直しています。
でも、さすが100万部突破のベストセラー、<第三者の厳しい目で精査しても>面白いです!



『嫌われる知事』 
  
画像
舛添前都知事
  



   私は、福岡市から兵庫県の実家に帰る前、約300冊の自己啓発本、成功法則のたぐいの本を売りに行きまして、それなりに知識だけはあると思っていますが、知っているだけでは何の役にも立ちません。

そう、それを実践してなんぼなんです!


小さな事でもいいので、


   さあ、 『今日から一歩踏み出して、実践を!』    




   今日は、イーグルスのこの曲をどうぞ!


 





 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ〜♪       
            
         人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ






嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
ダイヤモンド社
岸見 一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『嫌われる勇気』  岸見一郎&古賀史健編 アコースティックサウンドの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる