アコースティックサウンドの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 歳はとったほうがいいのか? COMPLEX編

<<   作成日時 : 2016/07/06 01:49   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

皆さんには、コンプレックスってありますか?

子供の頃から仲の良かった友達は、よく冗談でこんな事を言っていました。

「僕は、マザー・コンプレッサー!?

私の場合、こんなコンプレックスがありました。

中学生までは強制的に全員丸坊主だったのが、高校生になって髪を伸ばしてよくなり、伸ばしたもののなんかおかしい。

髪がくせ毛になってきたのです。

子供の頃は、お坊ちゃん刈りの超サラサラストレート。

伸びれば伸びるほど、大きなウエーブが出てきたのです。

  なんじゃ、これは?

そうこうしながら、肩まで伸ばし続け、高校の頃は、井上陽水とまでいきませんが、爆発した様な頭をしていました。

バリバリいって、ブラシも通りにくかったのですが、なぜか25歳位から髪に少しだけゆるいくせがあるものの、ほとんどストレートに近くなりました。

(父親が私と同じ様なくせ毛でした。父親は40歳位からかなり禿げていた記憶がありますが、その時の父親の歳をはるかに超えても、なぜか私の頭には奇跡的に髪の毛があり、白髪もいっぱい出てきました。でも、髪にコシがなくなり、細くなっているので、今後どうなるかわかりません。まあ、この歳になるまで大健闘と言っていいでしょう。)




  COMPLEX  

画像




歳をとり、白髪の短髪になってカッコよくなった

画像
TVドラマ「下町ロケット」で帝国重工の財前部長役、吉川晃司




俺のギターを聞いてくれ〜!   

画像
布袋寅泰




 布袋モデル(日本のエレキギター・メーカー、フェルナンデス製)

画像



フェルナンデスといえば、アンプ、スピーカー付きZO-3が有名です (見た通り象さんスタイル)

画像




ダンナ奪っちゃったわ!  

画像
“口裂け女” 今井美樹




男なんてシャボン玉!

画像
布袋の元妻、山下久美子




  今回は、それぞれの名前は知っていたものの全く知らなかった、吉川晃司と布袋寅泰のコンビ、COMPLEXです。

吉川晃司は、「モニカ」でデビューした時は、カッコ付けたチャラい奴と思っていましたが、こんなに人気があり、ヒット曲を出しているとは知りませんでした。

布袋寅泰は、<氷室京介のいたBOOWY>のギタリストであることは知っていましたが、BOOWYも聴いたことはありませんでした。 最初の頃は、「ぬのぶくろ とらやす」と読むと思っていたくらいです。
でも、今や日本を代表するギタリスト・・・そのキレの良さは抜群です!

やっぱり、182pの吉川と187pの布袋のコラボは、カッコイイ!



 『BE MY BABY』 〜 COMPLEX〜  


メッチャ、いいじゃん! 男の俺でも惚れるぜ! この盛り上がり、何たるこっちゃ 





  HOTEIものまね   


お見事! 





この人も歳とって色っぽくなった

画像
石野真子




この人も若い頃より好きだな

画像
沢口靖子




永遠の美女

画像
吉永小百合




ずっと青春! 46歳

画像
品川スキンクリニックの女医さんらしい




私はレース・クイーンだった! 

画像
高島礼子




この人も歳とってからの方がいいと思います

画像
高島礼子




   太るし、厚かましくなるし、恥じらいはなくなるし、歳はとったらあかん!

画像
上沼恵美子




 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ〜♪       
            
         人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お久し振りで今晩わんこ    としちゃん

私も若い頃クセ毛だったんですヨ。それも硬いバリバリの毛でしたネ。
ツェッペリンのロバート・プラントみたいな感じのロン毛してました。

今は軽いウェーブがかかって、床屋のオヤジ曰く2/3は白髪だよと
言ってますが、全染めで黒々としてます。
これは、30過ぎてから大奥の命令でありんす。

高橋礼子は、チト怖いなぁ〜。昔のイメージがあるから。
恐妻家のミック&Keith
2016/07/11 17:47
恐妻家のミック&Keithさん、今晩は♪

ミックさんもくせ毛でしたか。
たぶん、なんでと悩んだでしょう?

何、ロバート・プラント風・・・髪型だけで、もてたでしょう?

私は、高校の頃は、それこそジミー・ペイジ風・・・もてました(?)

大学の頃は、ロッド・スチュワート風に頭頂の髪をぶっ立てていました。

2/3が白髪なら、吉川晃司や玉置浩二の様に、全部白髪にするという手もあります。

しかし、全白髪にした場合、カッコよくなる人と、ただのジジイになる人の両極端がありますからよく考えましょう。

高島礼子は、怖いですか? まあ、あまり好きではないですけど。

大学の頃付き合っていた、かわいい聖子ちゃんカットの彼女の名前が、礼子ちゃんだったので懐かしい訳です・・・今、どうしてるかな〜 
Toshinosuke
2016/07/11 23:12
再度今晩わんこ    としちゃん

イヤぁー今日は暑かった、とりあえずネ。
いきなりですが、阪神タイガースは今年ありゃあもう駄目だと思うの
ですがぁ〜。

その点、稀勢の里は盤石です!。よかよかなこってす。
もう敵は憎っくき白鴎だけと思われます。明日もガンバ。
恐妻家のミック&Keith
2016/07/13 18:52
恐妻家のミック&Keithさん、毎度おおきに(^^♪

こっちは、それほど暑くなかったです。
日本の気温は、全体的におかしくなっていると思いますよ。
でも、当然

阪神タイガースは、今年、既に閉店しました。お疲れさま。(いつものこっちゃ)

ハンカチ王子は、スポーツ週刊誌社長にお願いして、二軍グラウンドに行く為の車として2000万円のポルシェをお願いしたけれど、800万円のポルシェをもらったとのこと・・・こちらも、なんだかな〜。

稀勢の里は、私も昔から好きで、福岡市の家から歩いて10分の稽古部屋に稀勢の里が来ていました。(当時は、故、鳴戸親方でした・・・鳴戸親方とは、近くのスーパー銭湯で会いました)

私のブログのトップページからブログテーマ、大相撲を見て下さい。稀勢の里の至近距離からの写真が写ってますから。

白鵬はスカン!(強すぎると面白くないですね)
Toshinosuke
2016/07/13 20:22
( ゜▽゜)/コンバンハ
コンプレックスは、20代後半から、髪の毛が寂しくなったこと。
ですが、今は、丸坊主にしてますので、散髪代ただ。家でバリカンで自分で刈ってます。
かわいい、おじいちゃんと言われますね、最近は。
ミック・ジャガー72歳で、がんばってますね。8人目の子供ができたとか・・・
うらやましい。
格闘技は、好きなので相撲も結構すきですよ。
昔は、魁皇とか、舞の海が好きでした。
稀勢の里は、期待を裏切ってくれるところがどうも・・・です。
江川、ピーマン、北の湖と言われた時代の相撲が好きでしたね。
白鵬は、受けてたつ横綱相撲をしてほしいですね。
mick
2016/07/17 17:01
mickさん、お久しぶりです♪

やっぱり、髪の毛はコンプレックスの代表ですね。
桂 枝雀みたいな頭ですか?

かわいいおじいちゃんと言われて羨ましいです。
うちの子どもなんかいい年頃なのに、結婚の気配さえありません。

江川、ピーマン、北の湖・・・初めて聞きましたが、意味はよ〜く分かります。
北の湖も強すぎて、人気なかったですもんね。

稀勢の里は、プレッシャーに弱く、ここで勝てばという所で必ず負け期待を裏切る・・・我が阪神タイガースと一緒ですがな 

mickさんの好きなヤクルトの山田は、今年三冠王を取るんとちゃいますか?
Toshinosuke
2016/07/18 22:36
桂 枝雀みたいな頭ですか?って・・・つるつるでんがな!
せめて、貧相なブルース・ウイルスとか、ジェイソン・ステイサムとかでんがな。

巨人・大鵬・卵焼きは、当時子供に人気あったものの例えでしたが、江川、ピーマン、北の湖は、嫌われ者の例えでした。
北の湖は、勝った時のふてぶてしい態度とか、江川は、当時例の空白の一日での巨人入団で、ダーティイメージありましたね。

今年はどうやら、24年ぶりの広島優勝でいいかもと思いますね。
でも、クライマックスシリーズには、阪神も我がヤクルトも、まだまだチャンスありますね。
最下位争いやっとるけど・・・・
山田は、目下、打率、ホームラン、打点、盗塁の4冠ですなぁ。
盗塁22、ホームラン29本やし、2年連続トリプルスリー間違いなしかも・・・
おっと、ながながと熱く語ってしまいましたわ。
mick
2016/07/19 11:47
mickさん、毎度おおきに♪

新井貴浩は、阪神の時はパッとしなかったですが、広島に帰って甦りました。
ええんちゃいますか?

ヤクルトの山田の様に足を上げて打つのもダイナミックでいいですが、横浜の筒香やオリックスのT岡田の様に下半身をドシっと構えて豪快なホームランを打つのも魅力です。

ところで、今日やっぱり、稀勢の里はやってしまいました。
Toshinosuke
2016/07/19 23:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歳はとったほうがいいのか? COMPLEX編 アコースティックサウンドの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる