アコースティックサウンドの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 質素が一番! THE MONKEES(ザ・モンキーズ)編

<<   作成日時 : 2016/07/19 22:16   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

ビートルズに対抗するアメリカのアイドル・バンドを作り出すために、オーディションで選ばれた四人組のモンキーズ。
『作られたアイドル』として人気は凄かったわりには評価が低かったが、音楽と映像(モンキーズ主演のTV番組)を連携させた試みは画期的だった。



画像




デイビー・ジョーンズ

画像
ヴォーカル、タンバリン、パーカッション。 イギリス出身。元、ミュージカル俳優。甘いルックスでモテモテだった。



  ミッキー・ドレンツ 

画像
ドラムとヴォーカル。 元、子役。 表情豊かな奴。ドラムを叩いて歌う姿は、当時“COOL”と言われたらしい。



  マイク・ネスミス  

画像
元、ミュージシャン、ギター担当。ニット帽がトレード・マーク。



  ピーター・トーク  

画像
元、ミュージシャン。ベース担当。サラサラ、おかっぱヘアー。





モンキーズと言えば、まず「モンキーズのテーマ」でしょう。






この曲は、セブン・イレブンの忌野清志郎の歌でお馴染みの人も多いでしょうね。





この音、何ともけだるく、昭和な感じ。





恋の終列車・・・ビートルズ・サウンド


グレッチのギターを弾いてるぞ! 





確か夕方6時から放送されていたTV番組。 ナレーターは、大橋巨泉です。長いので、ちょこっと見て、ああ、こんな感じだったと思ってもらえればOKです。






この頃、TVでよく見ていたドラマ。 



そばかす少年が、かわいかった。

画像
わんぱくフリッパー





  昭和30年代。 当時は商店街にも活気があり、皆、裕福ではなかったでしょうが、なぜか元気でいきいきとしていて、フレンドリーで、今日は楽しい!みたいな雰囲気を子供ながらに感じていました。


  私は、この頃TVが大好きでした。
名犬ラッシー、ポパイ、トムとジェリー、奥様は魔女、サンダーバード、スパイ大作戦など、やっぱり当時はアメリカに追いつけ、追い越せという感じがあったのでしょう。

私もTVを見ていて、アメリカのフカフカの大きなベッド、冷蔵庫の中には、肉やチーズやミルクなど食材がたっぷり入っていたりして、<アメリカって、スゲーな!>なんていう憧れがありました。




 『(昭和30年代の様に)私たちの生活スタイルを見直しましょう!』

 画像
 “世界で最も貧しい大統領”、ホセ・ムヒカ 

(彼の座っている椅子はペットボトルのキャップです)






 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ〜♪       
            
         人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
モンキーズ当時は すごく人気ありましたよ!

TVも私も 同じものを見てました♪
アメリカが理想だったし 楽しい青春をおくるには アメリカナイズされなくちゃと思ってました!
長年の戦争で アメリカの闇がどんどん深くなるにつれ 日本の平和がありがたいな〜とつくづく思います。
モンキーズは ビートルズに対抗して 作られたバンドですが それはそれで お気に入りの曲は 結構ありますね
ひるのまり
2016/07/24 16:53
ひるのまりさん、今晩は♪

モンキーズ、凄い人気でしたね!
私の姉が、デイビー・ジョーンズの週刊誌かなにかの写真を部屋に貼っていた記憶があります。

「作られたアイドル」という表現は、あまり好きではありませんし、ベイ・シティー・ローラーズみたいなバンドと違って、モンキーズは曲的にも好きでした。

当時、TVを見てアメリカに憧れていました。

今、日本で物や生活、色々な事で十分満たされているものの、なぜか昭和30年代の様な<明日もきっといい天気!>みたいな明るさが感じられないのは私だけでしょうか? 
Toshinosuke
2016/07/24 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
質素が一番! THE MONKEES(ザ・モンキーズ)編 アコースティックサウンドの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる