アコースティックサウンドの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS なんくるないさ〜! 沖縄音楽編

<<   作成日時 : 2016/08/02 15:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

大学3年の時、大阪から丸一日半かけてフェリーで行った沖縄。 ここにも行ったが、“象の鼻”の崖だ。


画像



  沖縄音楽は色々な人がやっていますが、やっぱり夏にふさわしい独特な音ですね!




 

この人、大阪出身だが、しっかりと三線を弾いている。 AUのCM。
歌い方が、ビブラートを付けず、ストレートに叫ぶ様に歌う所が好きだ。 ちょっと高知東生に似ているんと違いますか?





森山良子の詞、ビギンの曲だが、この人が歌ったほうがいいと思う。 後世に残したい名曲のひとつ。





これ位のフィンガー・ピッキングは、誰にでもできると思いますが、この人は何十年もこれでやっているわけだから、お客さんとの距離、状況、雰囲気を取り込みながら歌い、弾いていると思いますよ!
でも、この動画を見ると、音楽は「アコギ一本で出来るんだ」と実感します。 音楽の原点でしょう。 



 『似てませんか?』 ・・・怒られる〜 

画像
吉本新喜劇、浅香あき恵




画像
使用ギターは、マーチンOO−45TCMだ。 OOO(トリプル・オー)、 OO(ダブル・オー)、 O(オー)という具合にサイズが小さくなる。


 画像 
この人も同じマーチン

 

画像
イルカが弾いているアコギは、Dタイプ(ドレッドノート=戦艦)なので、小柄の女性なんかが持つと大きすぎてちょっと違和感がある。





ビギンの曲なら、『恋しくて』『島人ぬ宝』などを取り上げるのが普通でしょうが、そこは“天の邪鬼”の私、こんな曲を紹介します。 娘が生まれ半年経った30歳の時、埼玉県に転勤となり、大宮駅西口前の丸井で買ったCD。コーラス部分が好きだったのと、アコギ・ソロがカッコいい。




 

大学1年の時、学園祭でこの人が来ていた。 こういうサウンドをぶちかまされると、誰でも身体が自然と踊ってしまう。 バックのお姉さん達もいいね〜。 




  都知事選で小池百合子が圧勝した。

自民党や東京都連の圧力に屈せず、<劇団ひとり>として頑張っていたので、都民ではないが応援していた。
これだけ差がついたのは、私と同じく、古くさい党や組織の関係・体質に嫌気がさして、風穴を開けてほしいという期待があったのではないだろうか?


『厚化粧の大年増』(石原慎太郎談)と言われた小池氏。
あの嫌われ者でどうしようもなかった元総理で、東京五輪・パラリンピック組織委員会のドン、森 喜朗にも負けるな! 




  『崖から飛び降りても、なんくるないさ〜!』

画像

小池百合子新都知事




 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ〜♪       
            
         人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久し振りで今晩わんこ    としちゃん

今回は(も?)、通常通り中々の力作でありんす。羨ましい。
然し、ジョーン・バエズは私ら50代後半以前の人達には分からないでしょう。

然るに私が思うのは、私鉄はプロ野球球団を経営難の為、手放して来ました。
旧くは西鉄・南海・阪急・近鉄と言う具合でありんす。
あの「駄目虎」を抱えている阪神電鉄は赤字じゃあないですよネ?。
とならば、関西人はかなりのアホと言わざるを得ないと思うので
ありんす。(長文悪しからず)














恐妻家のミック&Keith
2016/08/05 22:26
恐妻家のミック&Keithさん、今晩は♪

ジョーン・バエズは、確かに知らない人が多いでしょうね。
確か中学1年の時だったかな〜、『勝利への讃歌』という曲がヒットしていて、その時憶えた歌詞を今でも歌えます。ただし、意味を全く知らず、今日ネットで見て、<冤罪>をテーマにした曲だったと初めて知りました。

阪神電鉄が黒字か赤字かは知りませんが、日本一短い路線です。

関西人は確かにアホです!

理由はこうです・・・関西人(私も含め)は、昔から『阪神タイガースが負けても負けても、甲子園に行く』という習性があります。

私はかつて、弱い阪神対し、このブログでも提案しました。
『阪神ファンは、ぐっと我慢して甲子園に行くのをやめろ! 甲子園に閑古鳥を鳴かせろ!』と。弱いのに甲子園に人が来るから、阪神球団は真剣に改革に乗り出さないんだと!

金本監督は、<超変革>を掲げてやっているが、阪神球団は変革意識はあるのか?

福岡市なんかは、<熱し易く冷め易い>土地のせいか、福岡ソフトバンクが強い時は、わーっと応援するが、弱くなるとしらーっとして嘘の様に応援しなくなります。

北国、日本ハムファイターズは、どうなんでしょう?
Toshinosuke
2016/08/05 23:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なんくるないさ〜! 沖縄音楽編 アコースティックサウンドの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる