アコースティックサウンドの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 来てます! THE POLICE(ザ・ポリス)編

<<   作成日時 : 2017/04/24 22:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

レンタル・レコードというのを知っている人はどれ位いるのでしょう?
今では、CD、DVDレンタルが当たり前なのですが、このアルバムの頃はLPレコードを借り、カセットテープに録音する時代でした。



1983年発表の全英、全米No.1アルバム『SYNCHRONICITY(シンクロニシティ)』 をご紹介しましょう。


画像



1. シンクロニシティーI
2. ウォーキング・イン・ユア・フットステップス
3. オー・マイ・ゴッド
4. マザー
5. ミス・グラデンコ
6. シンクロニシティーII
7. 見つめていたい
8. キング・オブ・ペイン
9. アラウンド・ユア・フィンガー
10. サハラ砂漠でお茶を
11. マーダー・バイ・ナンバーズ
12. (エンハンスド)見つめていたい (ビデオ)




このスピード感、浮遊感がたまらない。歌詞は意味不明。





やっぱりこの曲は聞きたい。






  このアルバムは、ロック、レゲエ、ジャズ、アフリカ音楽など様々なリズムが取り込まれ、非常に完成度が高いものとなっています。




  <シンクロニシティ>という言葉、聞いたことありますか?

スイスの心理学者カール・ユングが提唱した『意味のある偶然の一致』という意味で、『共時性』とも訳されます。

たとえば、何年も会っていない人の事を考えていたらその人から電話がかかってきたとか、電車の中の広告に探していた答えがあったりとかです。


私には最近こんなのがありました。


●前回、石見銀山の事を書きましたが、現地に行くには世界遺産センターから約5分バスに乗らなければなりません(世界遺産内に民家もある為、車ではダメです)。休日は15分に1本。バス停に行ったらちょうどバスが来て『ラッキー』。
現地を見終わりぶらぶらと歩き、帰りの バス停を探していたらバスがスーっと現れ、乗り場へ3秒・2秒・1秒・0と足が着いた時、ドアがブーっと開いた。

●前回、カーラ・ボノフの『TROUBLE AGAIN(涙に染めて)』の動画をアップしブログを書き終えて、さあ寝ようと思いラジオをつけたら、『TROUBLE AGAIN』が流れてきた。(38年前の曲です)

●『あ〜、またいつもの否定的な考え方をしている。いかん、いかん。そうだこの前読んだ本の、あの3行の文章の所だけ読んでから寝よう』と思い、本をパッと開けたら一発でそのページが出てきた。


  「シンクロニシティ」は、何か変化しつつある時に起こると聞いたことがあります。


『別に大した事でもなく、ただの偶然の一致でしょーに』と言われてしまえばそれまでですが、




『来てます!来てます!と思った方が、人生楽しいでしょ?』

画像
Mr.マリック




 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ〜♪       
    


人気ブログランキング


にほんブログ村




シンクロニシティー
USMジャパン
2011-11-09
ポリス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シンクロニシティー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
10年ベテラン今晩わんこ  dearとしちゃん

Every Breath You Takeはいつ聴いても染み
ますねぇ。83年と言えば仕事・仕事で大変な時期でしたわー。

シンクロニシティって、私の場合ヤバイことの一致が何故か??。
良い経験ってないですぅ〜。
来てます、来てますって、還暦来ちゃいましたヨ。プンプン

でも、先日モスバの店員から43〜45位ですか?と言われましたヨ。
オホン( ̄▽ ̄)
恐妻家のミック&Keith
2017/04/25 20:14
ミックさん、毎度です♪

Every Breath You Takeは、歌詞がストーカー的と言う人がいます。

還暦は新たなるスタートと言う人もいて、あと60年生きるかもよ?

私83年頃は、就職して最初の赴任先、見知らぬ四国の松山市の営業所にいました。

私も若く見られる方だけど、モスバの店員さん、商売上手じゃないの?

Toshinosuke
2017/04/26 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
来てます! THE POLICE(ザ・ポリス)編 アコースティックサウンドの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる