日本ロックとポップの融合! 細野晴臣編

細野晴臣・・・日本ロックの創生期から、はっぴいえんどティン・パン・アレーY.M.O.などのグループを経て、様々な最先端のサウンドを作ってきたミュージシャン、音楽プロデューサー。




『Hosono Houseへようこそ』

画像





『細野晴臣、紹介動画から行ってみよう!』

画像





このけだるい感じがいいね。





何か昭和の子供の頃見た様な景色だなあ。





横でスライド・ギターを弾いているのは、フォーク・シンガー高田渡の息子、高田漣
特に2曲目の『しんしんしん』が素晴らしい。





大滝詠一松本隆鈴木茂と組んだはっぴいえんど。
このグループは、スティーヴン・スティルスやニール・ヤングのいたバッファロー・スプリングフィールドの影響を受けている。この曲はCMなどでもお馴染みの曲ですね。





この電子音楽グループは賛否両論あったものの、当時一大センセーションを巻き起こした。
全員がヘッドフォンをして演奏しているのが、いかにも音楽プレイヤーという感じでかっこいい。ギターは日本フュージョン界の第一人者、渡辺香津美。バックには顕子お姉ちゃんもいる。晴臣さんのベースも最高!
映像が音よりワンテンポ遅れているのが残念。





『晴臣さんは、縄文人?』

画像





『ど~も、やくみつるです』

画像





『違うでしょ』

画像





 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ~♪       
    


人気ブログランキング


にほんブログ村





トロピカルダンディー(紙ジャケット仕様)
日本クラウン
2000-12-16
細野晴臣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トロピカルダンディー(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック