サーフ・ロック! JACK JOHNSON(ジャック・ジョンソン)編

ハワイ、オアフ島出身のジャック・ジョンソン。
サーファーとしても有名。
アコギを中心に、<オーガニックな空気感>のサウンドが特徴。


決して派手さはないけれど、海の香りがして、ミディアム・テンポでナチュラルな感じが魅力的です!




『ハ~イ、気分はどうだい?』

画像






  とりあえず、文章より動画をどうぞ。(5曲入れましたが適当に見て下さい)




『お猿のジョージ』のサントラです。たぶんどこかで聞いた事あるでしょ?
これはプロモーション・ビデオであって、実際にこのアコギ、マーチンD-18を海の中に放り込むことはないでしょう。






この力の抜けた、何気ない感じもいいね。






海辺のサウンド。






このお姉さんとの歌の雰囲気は、やっぱりハワイでしょ。






ちょっとファンキーな感じも粋です。





  ニュースで、あの米国老舗のギター・メーカー、ギブソン(Gibson)が経営破綻したと聞いた。

嘘でしょ?

エレキ・ギターではフェンダー、アコギではマーチンと並び米国2大メーカーなのに・・・

ギブソンのエレキではレスポール、アコギではJ-200J-45が有名ですね。


画像
Gibson Les Paul



米国では、昨年からあまりギターを使わないR&Bヒップ・ホップがロックの人気を抜き、エレキ・ギターが売れなくなったのが原因らしい。

それにしても、世界の有名ミュージシャンが使ってきたあのギブソンが・・・




  ジャック・ジョンソンが使うアコギは、マーチン、ギブソン、ギルド他色々だが、コール・クラーク(Cole Clark)がお気に入りの様です。
このアコギは、派手さはないけど、音が柔らかく凄く耳障りがいいというか、木の匂いがする様に思います。


『このアコギが、2001年オーストラリア発、注目のCole Clarkだ』

画像





『ヘッドもいい顔してる』 

画像





『青年よ、Clarkを抱け!』 

画像
 クラーク博士





『アンタ、Cole Clarkのまわし者?』

画像
 マツコ・デラックス





 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ~♪       
    


人気ブログランキング


にほんブログ村





ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ
ユニバーサル インターナショナル
2002-06-12
ジャック・ジョンソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2018年05月06日 11:20
遅くなってゴメリンコ   としノ助はん

今日は夜中の3時に目が覚めて、今は眠くてボーッとしてます。
私がですね、言いたいことは、ダルが6試合で3敗だっつう~事。

このブログで、ハワイがいいなぁと思っていたけど、噴火と地震!!
もぉ~何処へ行けばいいの??
マツコデラックスって、あれが素顔なの?ホント??
Toshinosuke
2018年05月07日 20:29
毎度、ミックさん、こんばんわ♪

私も、今月既に、Red Bestを着る歳を迎えました。
年取ると、寝て目が覚めてもなんかスッキリしませんね。

ピッチャーも打ってくれなければ勝てないし、自力のみでは勝ち星は付きません。
楽天イーグルスは、早くも自力優勝がなくなりました。
かつては、我が阪神タイガースもゴールデン・ウィークが終わったらそのシーズンが終わり、『さあ、来年こそ!』と毎年言っていました。
まあ、今年も私の期待を裏切り続けるでしょう?

今やどこで災害が起きるかわかりません。
でも一度でいいからハワイに行ってみたい!

昔から出ていたけどあの映像の顔からして、マツコに間違いないでしょう。
Toshinosuke
2018年05月07日 21:40
訂正

Red Vestでした。
2018年05月08日 06:50
お早うわんこ   としノ助はん

Red Vestって、何か救難胴衣みたいでイヤだなぁ~。
それはそうと、来場所稀勢のんは完全復帰できるでしょうか??。
Toshinosuke
2018年05月08日 22:40
ミックさん、お疲れ様です。

正直、稀勢のんは厳しいと思います。
なにせ実践がないんだから。

とにかく勝ち負け関係なく、一番一番取り組み、それで駄目ならそれでOKだと思います。
横綱になって1回もフル出場していないんだから。
もう後はありません。

大関や横綱になる前から、目の前で猛烈な稽古を見て応援していた私としては、何とか残って欲しい、それは日本全国の相撲ファンの願いだと思います。

奇跡を信じましょう!

この記事へのトラックバック