ノックは何回? ドーン編


今回は、ドーンの『ノックは3回』です。

1973年の『幸せの黄色いリボン』の方が有名でしょうが。

1971年にNo.1になった、「自分のことを知らないアパートの階下の女性に思いを告げる歌」

ちょっとストーカー的と言えないでもありませんが、気持ちはわかる。

私が学生時代住んでいたボロ・アパートの隣は、オッサンでしたから 





トイレはっよか.jpg



『トイレのノックは2回でよか!』

はなまる.jpg



 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ~♪       
   


人気ブログランキング


にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

あっきー
2021年02月26日 11:54
としちゃん、こんにちは!

曲の中に「コンコンコン」って音が入ってますね。ノックは3回。楽しい曲ですね♪

欧米の人にしてはノック3回って少なくないですか?
映画とか見てると、ドンドンドンドンドンドン(やりすぎ?)ってくらいやってるの見ます。ノック2回の日本人と欧米人の違い、なんて話も聞いたことあります。まー人それぞれ好きな回数で叩けばよか。(博多弁ってこれでいいんですか?(^^ゞ)

としちゃんも、ボロアパートに住んでいた時代があったのですね(≧▽≦)
私は大学の時、トイレ共同フロ無しのアパートに友達が住んでいて、一度泊まりに行きました。初めて銭湯に行って「神田川」の世界だわーと思いました。彼女は、長年夫婦で公務員として勤め、子供も独立し、自分たちが住む持家のほかに、別宅を現金で購入するほどのお金持ちになりました!
Toshinosuke
2021年02月26日 20:46
あっきーさん、ありがとうございます♪

私が福岡に住んでいたのは、通算たかが25~6年ですので偉そうに言えませんが、
博多弁では、「~か」、「~と?」、「~ばい」、「~たい」などあります。
私は、福岡の南の久留米などの営業担当していたので、「筑後弁」も詳しいです。