ダンスしませんか? アン・マレー編

時々このブログタイトルでもある『アコースティックサウンド』、特にアコギの音を聞きたくなる。

今回はカナダ出身のシンガーソングライターのアン・マレーです。


アコギと素晴らしいコーラス。曲は有名な『ラストダンスは私に』




ゲストのジャン・アーデンは初めて聞きましたが、カナダ出身のシンガーソングライター、女優。
出ましたー、キンキンのガラスの割れる様なアコギの音、いいね~。歌も最高。1994年の『Insensitive』




1978年の『辛い別れ(You Needed Me)』で、カナダの女性として初めての米ビルボード1位。ちょっとカーペンターズのカレン・カーペンターの声にも似てますね。アン・マレーの優しい歌声好きだったな~。




アン・マレーの『ラスト・ダンスは~』もいいけれど、日本ではこの人。
この時代に、この歌い方、ダンス。カッコいいー! 




『フォークダンスは私に』

フォークダンス_200.jpg



 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ~♪       
   


人気ブログランキング


にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

あっきー
2021年03月10日 18:01
としちゃん、こんばんは!
3つの動画を見て、アコギの音色と美しいハーモニー、ソフトな歌声に癒され、
4つ目の動画で、すごい迫力に度肝を抜かれました。
以前『越路吹雪物語』というドラマを見ました。大人の越路吹雪役は大地真央が演じましたが、彼女ですら、この迫力は出せていなかったと思います(^^;)
宝塚出身の中でも、かなり異色の方ですね。ブラボー!
Toshinosuke
2021年03月11日 20:27
あっきーさん、ありがとうございます♪

越路吹雪・・・芸名が吹雪からして凄い。
バックの演奏も昔にしては、アグレッシブで凄い。
和田アキ子も負けます。