ドキっ! スリー・ディグリーズ編

子供の頃は、車やバイク、船や城ほか色々なプラモデルを作るのが趣味でした。
30歳位の時ふと思い出し、フォルムが美しいTOYOTA 2000GTを塗装もして作りました。
この車を作ったのは3度目だったと思います。

TOYOTA 2000GT

51UhQCEONML._AC_SX679__160.jpg

国内フィギュア制作メーカーのパイオニア、海洋堂という会社があります。

私は特にフィギュア・オタクではありませんが、この会社の作品はクオリティが高く、一度実物を見てみたいです。

ガラモン

ガラモン2_320.jpg


今、模型の設計は「デジタルモデリング」というのが主流らしい。
そして3Dプリンターを使う。
造形作家K氏による複雑な造形美。

HB(Hollow body)シリーズとは
・デジタル造形、成型の常識を覆すデジタル出力の強みを生かした複雑な構造且つ中が空洞のトルソ像。
・人体の美しさとメカ的な要素を合わせた造形。
・嵌合を深くすることで、サポート材を取り外すだけで簡易組立が可能。
・そのままインテリアのように飾れるデザイン性。

さあ、それでは行きますよ!
私が、雑誌を見て「えっ、何これ? ドキっ 」がこれです。

第2弾作。 
デジタルガレージキット Android HB02

海洋堂_512.jpg



hb023_320.jpg

hb024_320.jpg

これが、第1弾作。
デジタルガレージキット Android HB01 クリアーVer.

hb01_512.jpg
どちらも、25,300円です。
さあ、あなたならどうする?
Go!する?

3Dではないけれど、THE 3 DEGREESの美しい音楽をどうぞ!



 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ~♪       
    


人気ブログランキング


にほんブログ村



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント