テーマ:洋楽

愛がいちばん♪ NOVO編 

『スター千一夜』なんていうTV番組があったの知っていますか? 1959年から1981年までの22年間放送で、旬の芸能人やスポーツ選手など著名人が出る15分のトーク番組でした。 司会者は色々。この時の司会者は関口宏です。 この番組の旭化成のCMソングで、山上路夫作詞・村井邦彦作曲でトワ・エ・モアが歌っています。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカで成功する方法? アコースティック編

ゴールデンウィークも後半やっと天気が良くなり、温かくなってきました。 爽やかなこういう季節は、やっぱりアコギを使ったアコースティックサウンドが聞きたくなります。 ちょっとしっとり目のアメリカン・ソング3連発で行きましょう! 〇      〇      〇 話は変わりますが なかやまき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来は明るい! オードリー・タン編

久しぶりに本を読みました。 コロナ禍の中、マスク在庫管理システムなどで一躍有名になった台湾のデジタル担当大臣のオードリー・タン。 タン氏は自分の著作を持ちません。 なぜなら、自分自身をオープンソースにしておきたいからです。 2022年3月15日発行 オードリー・タン(Audrey Tang 唐鳳)・語り 台湾…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おかみさーん、探究ですよー! 変革編

文部科学省は2023年度から主に高校2年生が使う教科書の検定結果を公表。 「議論を促す記述や考察のための資料が増え、探究的な学習を重視する構成となった」 「鬼滅の刃」だったり、YOASOBIの「夜に駆ける」、レディー・ガガの「Born This Way」が掲載されたらしい。 音楽Ⅱの教科書には、合唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外? エアロスミス編

1か月のご無沙汰でした。 玉置宏でございます。 この方知っている人は今やほとんどいないでしょう。 それでは行ってみようー!  AEROSMITH  『Walk This Way(お説教)』 スティーヴン・タイラーのパフォーマンス、ジョー・ペリーの切れのある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

熟成サウンド! ライ・クーダー編

ライ・クーダー・・・スライド・ギターの名手。アメリカ音楽のルーツを探求し、ジャンルや国を超えた多様な音楽にアプローチし続けている。 1976年発表の『CHICKEN SKIN MUSIC』です。 このアルバムでのキーワード2つ。 ●テックス・メックス・・・米国テキサス州南部やメキシコ北部の融合音楽(テキサス流のメキシコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマス限定! ジム・クロウチ編

クリスマスの限定記事を書きます。 『メリー・クリスマス、ミスター・ローレンス』 1973年9月、飛行機事故で30歳の若さで亡くなった、 私の“心の師匠”、ジム・クロウチのクリスマス・ソングです。 ジム・クロウチ&モーリー・ミューライゼンのコンビ。 私も36年愛用しているOvat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CHANGE! BIG BOSS編

阪神タイガース、今年もやっぱり駄目でした。 阪神ファンになって半世紀以上。 『南無阿弥陀仏』、『アーメン』  国境を越え、人種や宗教も越え、音楽のチカラで世界に活気やつながり、平和をもたらすことを目的として始まった音楽プロジェクト、“PLAYING FOR CHANGE”。 アメリカ人プロデューサー/エ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

出るぞ! エリック・クラプトン編

11月12日、エリック・クラプトンのニュー・アルバムが出ます。 『THE LADY IN THE BALCONY : LOCKDOWN SESSIONS』 ●内容紹介● このプロジェクトは、パンデミックの影響を受け、2021年5月ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートが結局キャンセルになり、その代わりにイギリスのウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

素晴らしい歌、発見! ダナ・ウィナー編

また素晴らしい歌手と歌に出遭いました。 1965年生まれのベルギー人、ダナ・ウィナーです。 1988年ソウルオリンピックの年に、ホイットニー・ヒューストンが歌った曲で、米NBCスポーツ局のテーマソングにもなったそうです。 さあ、聞いてみましょう。 どうです? たぶん、観客の表情と同じではないですか? ホイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この曲ですな! ローリング・ストーンズ編

ローリング・ストーンズには好きな曲がいっぱいありますが、 やっぱりこの曲、 『Honky Tonk Women』です。 キース・リチャーズのギターがカッコいいし、この度肝を抜かれるステージング。この動画は何度も削除されました。 今年8月24日80歳で亡くなったチャーリー・ワッツのタイトでシンプルなドラミン…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

コーラス・カバー曲! 思いつき編

ちょっと夏バテ気味です。 手抜きの選曲、コーラス・カバー曲をどうぞ。 曲自体はいいぞ。 詳しい説明はしません。 聞いてもらえればわかるでしょう。 ビートルズの『Here Comes The Sun』 サイモン&ガーファンクルの『The Boxer』 C.S&Nの『Teach Your Child…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

早期夏バテにご注意! ビージーズ編

1か月のご無沙汰でした。 寝ている間の熱中症?他、体調不良で書けませんでした。 こういう時は、身体がリラックスできる様な曲を聞いてみましょう。 MIT マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology) QS世界大学ランキングでは、ハーバード大学やオ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うつろな? 洋楽、洋画編

『You're So Vain(うつろな愛)』 この曲は中2の頃で、完璧に洋楽にはまっていました。 全米No.1。 このシングル盤を買いましたが、中学生の私は、ジャケットにちょっと「ドキっ」としました。ミック・ジャガーのバックボーカルが素敵でしたね。 和訳している人の記事によると …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バス特集! ジャンル・バラバラ編

🚌 今回はバスの歌をどうぞ。 甲斐バンドのデビュー曲。好きだったなー。アコギがいい感じ。 ■ 甲斐よしひろの弾いているマーチン・バックパッカー ■ ホリーズのヒット曲。ビートルズ風で、ビートルズより切れがいいと思う。 ホリーズには、後に私が好きになるアコースティック・グループ、CSN&Y(クロスビー・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ダンスしませんか? アン・マレー編

時々このブログタイトルでもある『アコースティックサウンド』、特にアコギの音を聞きたくなる。 今回はカナダ出身のシンガーソングライターのアン・マレーです。 アコギと素晴らしいコーラス。曲は有名な『ラストダンスは私に』。 ゲストのジャン・アーデンは初めて聞きましたが、カナダ出身のシンガーソングライター、女優…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノックは何回? ドーン編

今回は、ドーンの『ノックは3回』です。 1973年の『幸せの黄色いリボン』の方が有名でしょうが。 1971年にNo.1になった、「自分のことを知らないアパートの階下の女性に思いを告げる歌」 ちょっとストーカー的と言えないでもありませんが、気持ちはわかる。 私が学生時代住んでいたボロ・アパートの隣は、オッサンで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャンル無視! 音楽編

健康診断に備え、前日酒を抜いた反動で、今日結構飲んで酔っぱらい適当に書きます。(いつも適当) 高校2年の時聞いたアルバム『461オーシャン・ブールヴァード』の1曲目だった。カッケー! やっぱりこの2人は沁みるー。「沈黙の音」・・・浪人の時読んだ遠藤周作の本『沈黙』は感動した。 ジョージ・ハリスンではなくこの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心に火を点けよう! ビリー・ジョエル編

7府県が追加され11都府県で緊急事態宣言が発令された。 医療従事者は過酷な労働に耐え、お店は死活問題だ。 私はこういう時休めないし、テレワーク出来ない業種についています。 でも、解雇や雇止めされていないので、ありがたいと思います。 今回は1989年に発表されたビリー・ジョエルの『ストーム・フロント』からシングルカットされ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪がすごい! エリック・カルメン編

 明けましておめでとうございます。 雪の中の私のギター 右は、39年前四国の松山市に赴任した時、パチンコで終了して買ったギター・チューナーで当時8500円でした。今も使っています。 左はネットで買った初めてのギター弦のD'Addario。弦は多分2年ぶり位で替えました。いつもはマーチン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アコギ・オタクでございます! アコギ編

兵庫県でも大雪となり、2日間にわたり30時間以上停電しました。 右でアコギを弾いているダージリンの佐橋佳幸は松たか子のダンナです。これは、アメリカのTOTOの曲で、この曲ではないと思うけどバンドでTOTOを歌った知人がいます。 この曲のタイトルが何とも言えず、昔を思わせる感じ。何度も書いたけど、この2人のアコギは私の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自然サウンド! カントリー系音楽編

今回は、今まで聞いたことのないミュージシャンを紹介しましょう。 Music Travel Love カントリー系お姉さま。 家族系ブルーグラスバンド。 Music Travel Love・・・ カナダ出身の兄弟デュオ。大自然をバックにアコースティックギターとハモリが素晴…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暑っー! 夏バテ編

メチャメチャ暑いです。 10日程前、軽い熱中症で点滴を打ってもらいました。  こんな時は、あまり体を動かさず心地よい音楽でも聞きましょう。 軽いレゲエをどうぞ。 夏はやっぱりウクレレ。お~、5弦のウクレレ。 そしてなんと、途中から突然、カンサスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢を追いかけよう! タレント発掘編

AGT(America's Got Talent) アメリカズ・ゴット・タレント・・・歌手、ダンサー、コメディアンなど様々なジャンルのパフォーマーが競う公開オーディション番組。 このイマジンのアレンジ、歌い方は素晴らしい! この歌詞を聞くと改めてジョン・レノンのメッセージに感動します。何だか私も涙が出ましたがな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花 堀内孝雄編

大雨で熊本や九州北部、岐阜や長野、大変です。 お見舞い申し上げます。 こんな時、なんですが、“雨に咲く花”アジサイの写真から行きます。 家にいっぱいアジサイが咲いていますが、独特のアジサイがあります。 それが、これ。 色、花の形、神秘的でしょう? しかも、後ろには、ハートのアジサイ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽昔TV・CMソング CMソング編

皆さん、コロナの制限が少しずつ解除されつつありますが、どうでしょうか? 私はコロナでも休んではいけない仕事なので普通通りの出勤でしたが、それでもやっぱり気分的には重いものがあったし、超忙しかったです。 最近やっと、私の趣味でもあるスーパー銭湯やサウナに行ける様になり嬉しいです。 今回は、ちょっと懐かしい洋楽TV・CMで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

教えてやろう! アコースティック編

1か月のご無沙汰でした。 (と言っても誰も見ていませんがな) 5月に父親が亡くなりました。 母親と私が見守る中、静かに息を引きとり、95歳の大往生でした。 なにせ新型コロナウイルスの影響で、神戸の兄も帰れず家族葬となりました。 今回は、アコギの得意な日本のアーティストの動画で行きましょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

素晴らしい! マイケル・ボルトン編

今、アメリカ花水木の“ジュニア・ミス”が満開になりました。 画像は悪いです。上の枝が二つに分かれてしまいましたが。 これは、4年前の写真です。ずいぶん違うでしょ。 1991年発表のマイケル・ボルトン『TIME,LOVE&TENDERNESS』 から行きましょう。 私と同じような…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログ開設14年目に突入! ようやるわ編

今日4月17日は、ブログを開設した日です。 2007年に始め、14年目に入りました。 『音楽とお笑いの融合』をテーマに書いていますが、今日は特に何も考えておりません。 中学生の時好きだったアルバム、ポール・マッカートニー&ウイングスの1973年発表の『BAND ON THE RUN』です。 ウイン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウイルスに負けるな! スターダスト☆レビュー編

世界中新型コロナウイルスにやられ、大変なことになっています。 不安と暗い雰囲気になりますが、体力をつけ、せめて気持ちだけは明るく持って行きましょう。 『お前らも気を付けろよ』 スターダスト☆レビューは何回か書きましたが、今回はそれ程メジャーでない曲を紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more