アコースティックサウンドの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「震えを受け入れる」 フィル・ハンセン(アーティスト)編

<<   作成日時 : 2017/01/28 22:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

感動的な動画に出会いました。 



画像



講演者:フィル・ハンセン

職業:アーティスト

生年:1979年

国籍:アメリカ




  美術学校に通っていた青年が、治る見込みのない手の神経障害となり手が震え得意な点描が出来なくなった。その後、その青年が物事をどう捉え、追求していったのか?・・・・・






● 震えを受け入れる

● 限界を受け入れても創造力は高まる

● 限界を超えるためには、まず最初に制約が必要だったのだ

● 気にしない

● 制約を楽しもう



フィル・ハンセンの公式サイト→こちら




ちょっとニュアンスは違いますが、デイヴ・メイスン Take It To The Limit(限界までやってみるんだ)をどうぞ。 これはイーグルスの曲です。








 『俺のウエスタン・ラリアット、受け入れられるかな?』

画像
スタン・ハンセン





 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ〜♪       
           

      

        にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「震えを受け入れる」 フィル・ハンセン(アーティスト)編 アコースティックサウンドの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる