私を憶えていますか? フュージョン編

今回は、フュージョン・サウンドで行きますね!
昔、自宅浪人している時に、洋楽ロックばかり聴いているうち、段々と楽器の音に興味が湧き、このベースはいいな、このドラムはかっこいいな、なんて思う様になりました。


大学に入って、渡辺貞夫の『カリフォルニア・シャワー』を聴いて、フュージョン(ジャズ)の世界に入りました。そのアルバムの中でギターを弾いていたのが、リー・リトナー。



1978年発売の『THE CAPTAIN’S JOURNEY』他、ご紹介します。

画像




  音量もバラバラですし、動画も長いので適当な所でどうぞ。
 



 『SUGARLOAF EXPRESS』 by リー・リトナー(ギター)


パソコンで聴いてもあまり分かりませんが、このイントロ、CDで聴くと超カッコいいんです。私の中では、フュージョン中、最高のイントロです。
ドゥービー・ブラザーズ風のカッティング・ギター。現在のこの曲のイントロは、こんな感じではなくブラジル風です。



 『ROOM335』 by ラリー・カールトン(ギター)


フュージョンの中では、驚異的な大ヒットとなった曲。
ギブソンES-335というギターをよく使用し、“ミスター335”とまで言われ、自分のスタジオも335とつけ、『ROOM335』というタイトルになったんです。
大学の時、神戸で、ヤマハの主催する<ラリー・カールトン・ギター・セミナー>というのに行きました。コンサートではなく、100人位の折りたたみの椅子の会場で、素人バンドが演奏するのをしばらく聴いて、ラリー・カールトンがアドリブで加わったりする内容でした。私の真後ろに、日本のフュージョン・ギターの大物、故大村憲司が座っていて、当然司会者からお呼びがかかり、ステージに登場しました。




 『FEELS SO GOOD』 by チャック・マンジョーネ(フリューゲル・ホーン)


トランペットより少し音の低い<フリューゲル・ホーン>というマイナーな楽器を使い、ヒットしました。



 『ANGELA』 by ボブ・ジェームス(キーボード)


アルバム・タイトルの『タッチダウン』もいいですが、やっぱりこの曲が好きです。
このアルバムに参加しているメンバーも凄い。

エリック・ゲイル(g)
ロン・カーター(b)
スティーヴ・ガッド(ds)
ラルフ・マクドナルド(perc)
デヴィッド・サンボーン(sax)
マイケル・ブレッカー(sax)
ランディー・ブレッカー(tp)
ヒューバート・ローズ(flute)
アール・クルー(g)

他。



 『DOC』 by アール・クルー(ガット・ギター)


私は、このアルバム持っていませんが、皆さんもたぶんこの音、聴いたことあるでしょ?




 『曲名知りません』 by スタッフ


STUFF・・・フュージョン・サウンドを代表するグループ。

ゴードン・エドワーズ(b)
コーネル・デュプリー(g)
エリック・ゲイル(g)
リチャード・ティー(key)
スティーヴ・ガッド(ds)
クリストファー・パーカー(ds)


  この動画のドラム・ソロは、もちろん、スティーヴ・ガッド。



  私が大学に入った頃は、ジャズをベースにロック他、色々なサウンドをミックスさせた音楽は、フュージョンではなく、当時<クロスオーヴァー・ミュージック>と呼ばれていました。
その後、大学4年間は本格的ジャズに入り浸り、ジャズ雑誌<スイング・ジャーナル>を読み、ジャズ喫茶にもよく行っていました。
 


○             ○             ○



『こんにちは。映画はもちろんいいですが、フュージョンもいいですね!』

 『はい、天国から一時帰国しました。私を憶えていますか?』

画像



画像『指圧の心は母心、押せば命の泉湧く!』・・・違う違う、それは、浪越徳治郎








画像『ガチョ~ン!』・・・違う違う、それは、谷 啓








画像『あっと驚く、為五郎!』・・・全然違う、それは、ハナ肇








『さよなら、さよなら、さよなら』のおじさんですよ。





画像『さよなら 、さよなら 、さよなら 』 のおじさんって、ひょっとして俺かい?






  (淀川長治とフュージョンは、何一つ関係するものはありません。好きだった漫才の喜味こいしが亡くなったと知り、何故か、淀川長治のさよなら、さよなら、さよならという言葉が浮かび、画像も入れてみただけなんですね。意味ねぇー)




 今回も応援クリックよろしくお願いいたしまちゅ~♪       
            
         人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ






キャプテンズ・ジャーニー
Warner Music Japan =music=
2008-03-19
リー・リトナー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャプテンズ・ジャーニー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年01月25日 13:01
今日わんこ   としちゃん

Oh-フュージョン・豪華メンバー製ぞろいですなぁ~。
どれも懐かしいダス。

あの頃は、レゲエありディスコありーの、混沌とした時代でした。
STUFFの曲は私も知りません。モントルー・ジャズ・フェスチバル
での即興だったかも知れませんね。

今回は多様なアーティストを起用する、力作でしたねぇ~。
Toshinosuke
2011年01月26日 22:57
ミックさん、今晩は♪

<フュージョン>なんて言っても、今やピンと来ない人も多いのでは?
当時、インベーダー・ゲームが流行り、友達と喫茶店でガンガンやっていました。
私達の頃は、ガロの『学生街の喫茶店』の様な店が昔はいっぱいあり、今回書いた記事のように、フュージョンもよくかかっていました。
ミックさんは、私と同世代なので、恐らくディスコが当時、一番のブームだったんではないでしょうか?
ビー・ジーズの『サタデイナイト・フィーバー』とか、ストーンズの『ミス・ユー』なんてありましたよね。

古き良き時代ですね!
2011年01月27日 01:35
としちゃん、こんばんは!!そうそう最初[クロスオーバー]って呼ばれてましたね。アース・ウィンド・アンド・ファイアーとかジェフ・ベックまでたしか入れられてました。俺個人としては上記のアーティストの他にも、クルセイダーズやスタンリー・クラークも聴いてましたよ。今でもたまに聴くようにしてます。クロスオーバーといえばNHK-FM[クロス・オーバー・イレブン]なんつうのも聴いてたな。
木内ななとかも入ってたか? あっ、それは[横浜イレブン]でしたぁ。くだらなくてごめんね、ごめんねぇ~
2011年01月27日 01:41
またまたお邪魔します。訂正です。竹中直人の奥さん、[木之内みどり]でしたね。誰だ!!木内ななって[汗]だれがエアロスミスやねん!!
2011年01月27日 01:53
としちゃん こんばんは♪
フュージョン、心地よく聴かせていただきましたジャズがベースになってたなんて知りませんでした 私は人様のブログを読むようになってから目からウロコが落ちっぱなしです。
大学のサークルで、高中やカシオペアなどをやっているバンドがあり、そのバンドを通して楽しんで聴いていました♪ベースの人が、いつも思いっきり楽しそうに弾いてたので、ますます楽しかったんです
としちゃん、ご紹介の曲、どれも良かったですが、『FEELS SO GOOD』は曲名どおりの素敵な曲ですね♪私、吹奏楽部だったにもかかわらず、このトランペットの親戚の楽器知りませんでした。いい音ですね~
マーヤ
2011年01月27日 06:51
トシちゃん、こんにちは!

フュージョンって、なんのことだか、よくわからないんですが、ジャズのことなんですか?その系統?

なかなか聴きやすくて、ゆったりとしていていいですね~☆

でも、フュージョンから淀川先生への展開って、ミラクル!?いつもミラクルばっかりだけど(笑)

「さよなら、さよなら、さよなら」の次は「こんにちは、こんにちは。こんにちは」の展開になるかな?次回も楽しみにしてますね☆
Toshinosuke
2011年01月27日 20:43
ロクちゃん、今晩は♪

私も、「クロスオーバー・イレブン」聞いていましたよ。
ラリー・カールトンは、元クルセイダースのメンバーでしたし、ベースのスタンリー・クラークやジャコ・パストリアスなんていう天才ベーシストもいましたね。

昔、木之内みどりと木内みどりがいて、ややこしかった。
ロクちゃんの年からして、木内ななって、木の実ナナのことじゃないの?
Toshinosuke
2011年01月27日 20:54
あっきーさん、今晩は♪

私は、高中正義も大好きですし、カシオペアは大昔、大阪のライヴ・ハウスで超メジャーになる前に見た事があります。メチャメチャ上手かったですよ!
今回記事にしたのは、ほんの一部で他にもいい曲がありますので、機会があればまた書いてみたいと思います。
Toshinosuke
2011年01月27日 21:32
マーヤさん、今晩は♪

<フュージョン>とは、“ロックっぽいジャズ”と言ったらいいんでしょうか。
本格派ジャズは、ほとんど電気楽器を使いませんが、フュージョンの場合は、ジャズを基本としながらも、生楽器も使いますが電気楽器もふんだんに使い、ロック他、色々な音楽要素を取り入れた、アップテンポなサウンドだろうと思います。

今の私の場合は、本格派ジャズは、秋、冬にはじっくり聞きたい感じになりますが、春とか夏には、あまり聞きません。
その点、フュージョンは、アップテンポなので季節はあまり関係ありませんね。

淀川先生を登場させた理由は、本文の最後に追記しました。
自分でも書いた後、全然関係ないので消そうかと思いましたが、まあいいかと思い、そのまま行きました。
ミラクル!そう、記事とは全然関係ない事を書いてしまい、いつも脱線してしまう。

それが私のブログですが、懲りずにまた遊びに来て下さいね。


村石太マン
2011年05月09日 22:32
最高な曲の紹介 ありがとうございます。音楽同好会(名前検討中
Toshinosuke
2011年05月10日 20:49
村石太マンさん、コメントありがとうございます♪

フュージョン好きですか?
ここで取り上げた曲は、30年位前のものがほとんどですが、村石太マンさんも同世代ですか?

音楽同好会の名前決まったら、教えて下さい。
村石太レディ
2011年08月24日 20:14
ウェーブで 村石太 音楽同好会 で 検索しました。
私 アールクルー 大好きです。最高。村石太マンは データーとして 私の推測ですが 45歳と 思われます。
Toshinosuke
2011年08月24日 21:08
村石太レディさん、ありがとうございます♪

村石太マンさんとは、どういう関係なのでしょうか?(夫婦?)

アール・クルーは、私も好きで、昔、『Heart String』というアルバムを持っていて凄く良かったという印象があります。

この記事へのトラックバック